光回線ができてから固定電話が無い家も増えてきました

一般的なイメージとして、インターネットの回線契約はNTTに依頼するという傾向が強いので、契約時には固定電話の加入が切り離せないと思われがちです。
インターネットの歴史を見ても、ダイヤルアップ接続からブロードバンド接続(ADSL)までは電話回線(金属製の電話線)を使っていたので「固定電話ありき」の回線利用契約でしたが、ひかり回線の登場で光ファイバーによる接続に変化しました。
それに従い、従来の金属製の電話線が不要になったため、ひかり回線の加入と固定電話は切り離されるようになり、固定電話の加入が必須ではなくなりました。
固定電話は「ひかり電話」となり月額1,500円で利用できるので、それまでの固定電話使用料(1,700円)よりも安く使えるようになっています。
引越の際のブロードバンド回線工事